Concept 新たな次元へ

“Concept”の詳細へ

“最も印象的なCクラス” Product Management Director / Mr.Klaus Rehkugler

映像再生

「アジリティ」、「インテリジェントドライブ」、「デザイン&クオリティ」の3要素が高次元で融合。別次元のドライビングフィールで魅了する「極上のスポーティセダン&ステーションワゴン」

大幅な進化を遂げて今回フルモデルチェンジする新型C クラスは、「最新技術によって実現された優位性をもつアジリティ」、「メルセデスの最先端テクノロジーの数々を結集したインテリジェント・ドライブの安全性と快適性」、「スポーティさと上質さを共生させるクラスを超えたデザイン・素材」の3 要素を高次元で融合させた「極上のスポーティセダン&ステーションワゴン」として生まれ変わりました。

「Cクラスは常にプレミアムミディアムサイズカテゴリーのトレンドセッターとして、ベストセラーの地位を欲しいままにしてきました。技術面でも環境面でも、本来よりハイクラスのモデルに要求される高い品質をスタートラインとし、卓越した快適性とドライビングプレジャーを実現した新型C クラスも、もちろん同様です。メルセデス・ベンツが造るモダンラグジュアリーカーは如何にあるべきかを具現化した新型C クラスは、大いなる成功の必要条件を全て備えているのです。」
Daimler AG 会長/Mercedes-Benz Cars 統括
Dr. Dieter Zetsche

「最良のメルセデス、それは数多くの面においてミディアムサイズカテゴリーの新基準を打ち立てた新型C クラスと言えるでしょう。エモーショナルでありながら同時に明快なスタイリングは上質で現代的なインテリアへと繋がり、革新と贅沢さを見事に融合しています。また、高効率かつハイパフォーマンスな新型C クラスは、ドライビングプレジャーの基準をより高みへと押し上げたのです。」
Daimler AG グループリサーチ部門役員/Mercedes-Benz Cars 開発統括
Prof. Dr. Thomas Weber

「新型C クラスは、その現代的なデザイン言語を通して自動車が持つ情熱を具現化しています。進歩的かつエモーショナルなハイライトの数々は、その先駆者としてのデザインを強調するとともに、官能的ともいえる明澄さを証明しています。新型C クラスはモダンラグジュアリーにおける新たなる基準を打ち立てたのです。」
Daimler AG デザイン部門 副社長
Prof. Gorden Wagener

ページTOPへ

Agility 卓越した走行性能

“Agility”の詳細へ

“ボタン一つで様々な運転感覚を味わうことができる” Vehicle Testing Senior Manager / Mr.peter Kolb

映像再生

すべてを高い次元で実現したアルミニウムハイブリッドボディシェル

高強度パッセンジャーセルは高張力鋼板&超高張力鋼板製とすることで高い乗員保護性能を発揮。車両前後には、アルミの使用率を高めながら、高強度スチールを巧みに組み合わせることで、旧型比約70kgの軽量化、さらには高剛性化、高度な衝撃吸収性能も実現。最高水準の衝突安全性能とともに、別次元の快適な乗り心地や俊敏なハンドリングに大きく貢献します。
製造工程でも、重ね合わせた鉄とアルミの板に高速でリベットを打ち込むことで素早く強固に接合するImpAct接合方式を開発。これによりボディシェルにおけるアルミ使用率を約50%にまで飛躍的に増加させるなど、大きな革新を成し遂げました。

高強度パッセンジャーセルは高張力鋼板&超高張力鋼板製とすることで高い乗員保護性能を発揮。車両前後には、アルミの使用率を高めながら、高強度スチールを巧みに組み合わせることで、旧型比約75kgの軽量化、さらには高剛性化、高度な衝撃吸収性能も実現。最高水準の衝突安全性能とともに、別次元の快適な乗り心地や俊敏なハンドリングに大きく貢献します。
製造工程でも、重ね合わせた鉄とアルミの板に高速でリベットを打ち込むことで素早く強固に接合するImpAct接合方式を開発。これによりボディシェルにおけるアルミ使用率を約50%にまで飛躍的に増加させるなど、大きな革新を成し遂げました。

最大限の効率を得るため、空気の流れをコントロール エアロダイナミクス

セグメントトップとなるCd 0.24を達成。
ボディ周囲の空気の流れをコントロールし、空気抵抗を減少させることで低燃費を実現するばかりでなく、同時に風切り音の減少により、静粛性を高めています。さらに、ウインドウやミラーへの汚れの付着を抑え、いかなる状況においても最大の視界を確保し、アクティブセーフティの面でも重要な役割を果たしています。

セグメントトップとなるCd 0.27を達成。
ボディ周囲の空気の流れをコントロールし、空気抵抗を減少させることで低燃費を実現するばかりでなく、同時に風切り音の減少により、静粛性を高めています。さらに、ウインドウやミラーへの汚れの付着を抑え、いかなる状況においても最大の視界を確保し、アクティブセーフティの面でも重要な役割を果たしています。

新たなレベルへと進化した AGILITY CONTROLサスペンション

フロントには新たに4リンク式を採用。キャンバー角の自由なセッティングが可能になり、コーナリング時のグリップが大幅に向上しました。また、オールアルミ製とすることで、クイックなステアリングレスポンスも実現しています。リアにはCクラス伝統のマルチリンクサスペンションを新開発して搭載。
直進安定性と快適性を大幅に進化させました。さらに、走行状況に応じて減衰力を調整するセレクティブダンピングシステムも採用。通常走行時には油圧抵抗を減少させて快適な乗り心地を、ハードなコーナリング時など急激な入力に対しては最大限の減衰力を発揮。かつてないスポーティで俊敏なハンドリングとクラスを超えた快適性を実現しています。

〈C 180、C 180 アバンギャルド、C 200 アバンギャルドに標準装備〉
〈C 180 ステーションワゴン/C 180 ステーションワゴン アバンギャルド/ C 200 ステーションワゴン アバンギャルドに標準装備〉

高い快適性とダイナミズムを実現するAIRMATICサスペンション

Cクラスに初めてAIRMATICサスペンションを設定。連続可変ダンパーとエアサスペンションを電子制御することで、快適性と俊敏性を高いレベルで両立します。通常はエアサスペンションならではの上質でしなやかな乗り心地を実現。コーナリングやブレーキング時にはバネレートを硬くすることで、ロールやピッチングを抑制。高速走行時は自動で車高を下げることで空気抵抗を低減させるとともに重心を下げ、優れたスタビリティによる安心感の高い走行性能を発揮します。「Sport」や「Sport+」モードを選択すればサスペンション制御が固くなり、ロードホールディング性能が向上。Cクラスの最もダイナミックなドライビングが愉しめます。また、大きな段差を乗り越えるときなどに車高を上げることもできます。

〈C 250 スポーツに標準装備〉〈C 200 アバンギャルドにパッケージオプション設定〉
〈C 200 ステーションワゴン スポーツ、C 200 ステーションワゴン スポーツ(本革仕様)、C 250 ステーションワゴン スポーツに標準装備〉

ドライバーが求める様々なセッティングが選べるアジリティセレクト

選んだモードに応じて、エンジン、サスペンションなどが変化。標準設定の“Comfort”、燃費が向上する“ECO”、スポーティな“Sport”、よりダイナミックな“Sport +”が選択可能。さらに、“Individual”ではエンジン、トランスミッション、サスペンションなどをドライバーの好みで自由に設定してオリジナルのモードがカスタマイズできます。

〈全車標準装備〉
*:AIRMATICアジリティパッケージ装着車のみ変更可能。

新次元のパワーと低燃費を実現する1.6/2.0 リッター直列4 気筒BlueDIRECT (ブルーダイレクト)ターボエンジン

第三世代の直噴システムであるBlueDIRECTテクノロジーを採用。常に最適な燃焼状況を作り出すピエゾインジェクターとスプレーガイド式燃焼システムなどによって、ゆとりある動力性能と高い環境性能を両立します。1.6ℓエンジン*1と2種類の2.0ℓエンジン*2を設定。2. 0ℓエンジンには、成層希薄燃焼(リーンバーン)とターボチャージャー、排ガス再循環装置の組み合わせを採用。エンジン負荷をモニターすることで、成層燃焼、理論空燃比による均質燃焼、さらに成層燃焼と均質燃焼を組み合わせた均質成層燃焼の各燃焼モードを自動的に制御。常に最適な燃焼方式が自動的に選択されるので、ドライバーは意識することなく、低燃費で環境に優しい運転をすることができます。

*1:C 180、C 180 アバンギャルド、C 180 ステーションワゴン、C 180 ステーションワゴン アバンギャルド、C 180 ステーションワゴン スポーツに搭載。
*2:C 200 アバンギャルド、C 250 スポーツ、C 200 ステーションワゴン アバンギャルド、C 200/250 ステーションワゴン スポーツに搭載。

燃費とレスポンスを向上させた電子制御7速A/T7G-TRONIC PLUS

新開発のトルクコンバータなど、数々の新技術を搭載。
ダイナミックなレスポンスによる爽快なドライビングフィール、優れた耐久性、静粛かつスムーズなギアシフトも実現しました。

〈全車標準装備〉

優れた快適性と俊敏性を実現する電動パワーステアリング&ダイレクトステアリング

電動でパワーアシストする新世代のステアリングシステム。
さらにダイレクトステアリングが、舵角に応じてギア比を変化させ、駐車時などの操作量を減らしながら、高速走行時には直進安定性に優れたハンドリングを実現します。

〈全車標準装備〉

ページTOPへ

Intelligent Drive 知性が導く快適性

“Intelligent Drive”の詳細へ

“まるでクルマに知性が宿ったようだ” Driver Assistance Systems & Active Safety Director / Dr.Michael Hafner

映像再生

最適な車間距離を自動でキープし、斜線維持もサポート ディスとろニック・プラス(ステアリングアシスト付)

77GHz(中・長距離)と25GHz(短距離)の2種類のレーダーセンサーにより、先行車を認識して速度に応じた車間距離を維持。減速が必要な場合はスロットル及びブレーキを段階的に自動調整してスムーズに減速し、先行車が停止した場合は自車も停止。アクセルを軽く踏むかクルーズコントロールレバーを引くことで再発進し、十分な車間距離が確保されている場合は設定された速度まで自動的に加速します。先行車との距離が突然縮まった場合には、警告灯と警告音で知らせます。渋滞時などでの利便性を高めるばかりでなく、ドライバーの疲労を軽減するとともに衝突防止による安全性も高めます。また新たにステアリングアシスト機能を装備。レーダーセンサーとステレオマルチパーパスカメラによって、車線のカーブと先行車両を認識し、車間を維持しながらステアリング操作をアシスト。ステアリングに手を添えているだけで、高速走行時や渋滞時に先行車両への追従走行をサポートします。

「Intelligent drive」詳細はこちら

〈C 200 アバンギャルド、C 250 スポーツに標準装備〉
〈C 180、C 180 アバンギャルドにパッケージオプション設定〉
〈ステーションワゴンは全車標準装備(C 180 ステーションワゴンは除く)〉
※作動速度範囲:0~約200km/h 設定可能速度範囲:約30~200km/h
※自動運転はできません。両手がステアリングから10秒以上離れていると警告音が鳴り、さらに5秒後にステアリングアシスト機能が解除されます。

衝突回避能力が大幅に向上したPRE-SAFE ®ブレーキ(歩行者検知機能付)

前走車や歩行者などとの衝突の危険性を感知したBASプラス(飛び出し検知機能付ブレーキアシスト・プラス)の警告にドライバーが反応しない場合、軽いブレーキングでドライバーに警告し、衝突回避をサポート。同時に、前席のシートベルトの巻き上げや助手席のシートポジション修正など、衝突時に乗員の最適な姿勢を可能な限り確保するPRE-SAFE®機能も作動します。それでもドライバーが反応しない場合、システムが衝突を避けられないと判断して、最大のブレーキ力で自動緊急ブレーキが作動。電子制御のクラッシャブルゾーンとして機能し、追突時の衝撃を大幅に軽減。衝突の回避もしくは被害軽減を効果的にサポートします。新しいPRE-SAFE®ブレーキは衝突回避能力が大幅に向上。車両速度が約50km/h以下の場合には、警告ブレーキのみで衝突を回避するのに十分な制動力が得られます。さらに前走車のみならず、自車前方の歩行者を検知することができるため、飛躍的に衝突予防安全性が高まっています。

「Intelligent drive」詳細はこちら

〈C 200 アバンギャルド、C 250 スポーツに標準装備〉
〈C 180、C 180 アバンギャルドにパッケージオプション設定〉
〈ステーションワゴンは全車標準装備(C 180 ステーションワゴンは除く)〉
※作動速度範囲:約7~200km/h
※歩行者検知機能 作動速度範囲:約7~72km/h

疲労や不注意による車線逸脱を防止するアクティブレーンキーピングアシスト

フロントウインドウのマルチファンクションカメラが車線を検出し、フロントホイールが走行車線を越えたと判断するとステアリングを断続的に微振動させてドライバーに警告。ドライバーが反応しない場合は自動補正ブレーキによって車両を車線内に戻そうとします。また、新たに並走車や対向車も認識。車線逸脱による衝突危険性を検知時にも、自動補正ブレーキによる車線復帰をサポートするため、安全性が高まっています。

「Intelligent drive」詳細はこちら

〈C 200 アバンギャルド、C 250 スポーツに標準装備。C 180、C 180 アバンギャルドにパッケージオプション設定〉
〈ステーションワゴンは全車標準装備(C 180 ステーションワゴンは除く)〉
※作動速度範囲:約60~200km/h

配光モードを自動で切り替えるLEDインテリジェントライトシステム

すべてのライトにLEDを使用したLEDハイパフォーマンスヘッドライトをベースに、走行状況や天候に応じて最適なモードを自動で選択するインテリジェントライトシステム。カントリーモード、アクティブライトシステム、ハイウェイモード、フォグランプ強化機能、コーナリングライトの5つのモードが、様々なシーンに応じて照射範囲を大幅に拡大することで良好な視界を確保し、ドライバーの安全運転をサポートします。

「Intelligent drive」詳細はこちら

●カントリーモード - ロービームでの走行時、対向車線側を広く明るく照らすことで、
歩行者などを素早く発見できます。
●アクティブライトシステム - コーナーリング時に、ステアリングを切る角度と車速に応じて、
ステアリングを切った方向をより明るく照射。進行方向の視認性を高めます。
●ハイウェイモード - 高速走行時にロービームの照射範囲を2段階で拡大。
より遠くまでの視界を確保します。
●フォグランプ強化機能 - 幅広い配光によって悪天候時の視界を確保するとともに
眩しさも軽減します。
●コーナリングライト - 交差点などでの右左折時に、ステアリングを切ったりウインカーを
点灯させると、進行方向内側の路面を広く照らして、視認性を高めます。

〈C 200 アバンギャルド、C 250 スポーツに標準装備〉
〈C 180 アバンギャルドにパッケージオプション設定〉
〈C 180 ステーションワゴン スポーツ、C 200 ステーションワゴン アバンギャルド、C 200 ステーションワゴン スポーツ、C 200 ステーションワゴン スポーツ(本革仕様)、C 250 ステーションワゴン スポーツに標準装備〉

常に最大限の視界を確保するアダプティブハイビームアシスト・プラス

ライトスイッチが“AUTO”のときにハイビームを使用すると作動。フロントウインドウ上部に取り付けられたカメラにより前方の交通状況を検知して、対向車や前走車など、他の車両にハイビームが当たらないよう自動的に照射範囲を制御しながら、常に最大の視界を確保します。また、道路標識などにハイビームが反射すると、自動的に減光し眩惑を防止します。進路や歩行者、危険箇所などを早い段階で確認できるので、ナイトドライビングの安全性を飛躍的に高めます。

「Intelligent drive」詳細はこちら

〈C 200 アバンギャルド、C 250 スポーツに標準装備〉
〈C 180 アバンギャルドにパッケージオプション設定〉
〈C 180 ステーションワゴン スポーツ、C 200 ステーションワゴン アバンギャルド、 C 200 ステーションワゴン スポーツ、C 200 ステーションワゴン スポーツ(本革仕様)、 C 250 ステーションワゴン スポーツに標準装備〉
※作動速度範囲:約30k/h~

縦列および並列駐車をサポートするアクティブパーキングアシスト

約30km/h以下で走行中、超音波センサーが最適な駐車スペースを自動で検出。さらに、自動操舵・ブレーキ機能により、シフトとアクセルを操作するだけで簡単に駐車できます。駐車スペースから出るときも、ステアリングとブレーキの自動制御し、発進をアシストします。また、自動ブレーキ作動中はエンジントルクも絞られ、ドライバーが誤ってアクセルペダルを踏んでもキャンセルされるため安全です。

〈セダンは全車パッケージオプション設定〉
〈ステーションワゴンは全車標準装備(C 180 ステーションワゴンは除く)〉

「Intelligent drive」詳細はこちら

※アクティブパーキングアシストは、状況により正しく作動しない場合があります。また運転者の安全に対する責任を軽減させるものではありません。常に周囲の状況を確認するなどシステムだけに頼った運転は行わず、安全運転を心がけてください。詳しくはメルセデス・ベンツ正規販売店にお問い合わせください。

突然目の前に現れた危険にも反応するBASプラス(飛び出し検知機能付ブレーキアシスト・プラス)

短距離レーダーと中・長距離レーダーそしてステレオマルチパーパスカメラにより前方を広範囲に監視。先行車だけでなく前方を横切るクルマや合流してくるクルマ、さらには歩行者や道路上の物体との衝突危険性を検知すると、ディスプレイと音で警告。ドライバーがブレーキを踏むと、衝突回避に強力な制動力が発揮できるようブレーキ圧を高めます。

「Intelligent drive」詳細はこちら

〈C 200 アバンギャルド、C 250 スポーツに標準装備。C 180、C 180 アバンギャルドにパッケージオプション設定〉
〈ステーションワゴンは全車標準装備(C 180 ステーションワゴンは除く)〉
※作動速度範囲:約7~250km/h
※飛び出し検知機能 作動速度範囲:約7.2~72km/h

安全な車線変更をサポートするアクティブブラインドスポットアシスト

リアバンパー左右のレーダーセンサーにより、車両の斜め後ろのミラーで見えない死角エリアをモニタリング。そこに車両がいる場合は、ドアミラー内蔵のインジケーターが赤く点灯して注意を喚起。ドライバーが気づかずにウインカーを作動させると、警告音を発しながらインジケーターが点滅。さらに、側面衝突の危険を検知すると、コースを修正するためにブレーキを自動制御して、危険回避をサポート。追い越し車線に移ろうとして斜め後ろにいるクルマに気づかなかったときなど、ドライバーの不注意によるミスを予防し、安全な走行を支援します。

「Intelligent drive」詳細はこちら

〈C 200 アバンギャルド、C 250 スポーツに標準装備〉
〈C 180、C 180 アバンギャルドにパッケージオプション設定〉
〈ステーションワゴンは全車標準装備(C 180 ステーションワゴンは除く)〉
※作動速度範囲:約30~200km/h

ページTOPへ

Design & Quality 感性に訴える品質

“Design & Quality”の詳細へ

“今までのCクラスとは全く違う印象” Project Manager Design C-Class Mr. Uwe Haller

映像再生

トランクリッド開閉が手軽にできるハンズフリーアクセス(トランク自動開閉機能)

両手がふさがっているときに、リアバンパーの下側に足を近づけることで、センサーが感知し、トランクリッドを手を使わずに開閉することができます。

〈C 180 アバンギャルド、C 200 アバンギャルド、C 250 スポーツにパッケージオプション設定〉

両手がふさがっているときに、リアバンパーの下側に足を近づけることで、センサーが感知し、トランクリッドを手を使わずに開閉することができます。

〈C 200 ステーションワゴン スポーツ(本革仕様)、C 250 ステーションワゴン スポーツに標準装備〉

多彩さと使いやすさが進化した分割可倒式シート(分割比率40:20:40)[後席]【Stationwagon】

リアシートバックレストには、新たに40:20:40の分割可倒方式とワンタッチ可倒機構を採用。長尺物を積載しての4人乗車など、様々なアレンジが快適に行えます。〈全車標準装備〉

先進のスポーティネスを表現するLEDハイパフォーマンスヘッドライト&LEDリアコンビネーションランプ

印象的に浮かび上がる、LEDの光ファイバーが描く「トーチ」ラインは、最新のメルセデスデザインの特徴となっており、スポーティで力強く大胆な表情を与えています。また、ヘッドライトとリアコンビネーションランプのすべてにLEDを使用することで、良好な視認性を確保。LEDは長寿命・低消費電力なので環境適合性にも優れます。

C 180、C 180 アバンギャルドに標準装備〉〈LEDリアコンビネーションランプは全車標準装備〉
〈C 180 ステーションワゴン、C 180 ステーションワゴン アバンギャルドに標準装備〉〈LEDリアコンビネーションランプは全車標準装備〉

多機能をシンプルに、直感的に操るCOMAND System

HDDナビゲーション、インターネット接続機能、メディアインターフェース機能など、多彩な機能を搭載した最新世代のCOMANDシステム。
指で触れることで、カーソル移動、文字入力などができるタッチパッドやコントローラーで、直感的にシンプルに操作できます。

〈全車標準装備〉

路上から目を離すことなく運転に必要な情報が確認できるヘッドアップディスプレイ

ドライバーの約2m前方に浮かんでいるように、車速やナビゲーションの案内情報など、走行に必要な情報を投影。
前方の道路状況から視線を外さずに情報の確認ができるので、走行の安全性が高まります。

〈C 180 アバンギャルド、C 200 アバンギャルド、C 250 スポーツにパッケージオプション設定〉
〈C 180 ステーションワゴン スポーツ、C 200 ステーションワゴン スポーツ、C 200 ステーションワゴン スポーツ(本革仕様)、C 250 ステーションワゴン スポーツに標準装備〉

※ヘッドアップディスプレイ生産制約に伴い、ヘッドアップディスプレイが装備されない車両がございます。(パッケージオプションを含む)
 詳しくはメルセデス・ベンツ正規販売店へお問い合わせください。

ページTOPへ

  • C 180 Coupé Sports
  • C 180 Coupé Sports+
  • C 300 Coupé Sports(受注生産)

New C-Class Coupé スペシャルサイト

  • Mercedes-AMG C 43 4MATIC Coupé

Mercedes-AMG C 43 4MATIC Coupé について詳細はこちら

  • Mercedes-AMG C 43 4MATIC(左ハンドル)
  • Mercedes-AMG C 43 4MATIC STATIONWAGON(左ハンドル)

Mercedes-AMG C 43 4MATIC スペシャルサイト

  • Mercedes-AMG C 63 Coupé
  • Mercedes-AMG C 63 S Coupé
  • Mercedes-AMG C 63 S Coupé Edition 1

The new Mercedes-AMG C 63 Coupé スペシャルサイト

  • Mercedes-AMG C 63
  • Mercedes-AMG C 63 STATIONWAGON
  • Mercedes-AMG C 63 S
  • Mercedes-AMG C 63 S STATIONWAGON

Mercedes-AMG C 63 スペシャルサイト

  • C 220 d AVANTGARDE

Clean Diesel C-Classスペシャルサイト

  • C 350 e AVANTGARDE

The new C 350 eスペシャルサイト

  • C 180
  • C 180 AVANTGARDE
  • C 200 AVANTGARDE
  • C 250 Sports

詳細はこちら

  • C 220 d STATIONWAGON AVANTGARDE
  • C 220 d STATIONWAGON Sports
  • C 220 d STATIONWAGON Sports (Leather version)

Clean Diesel C-Classスペシャルサイト

  • C 350 e STATIONWAGON AVANTGARDE

The new C 350 eスペシャルサイト

  • C 180 STATIONWAGON(受注生産)
  • C 180 STATIONWAGON AVANTGARDE
  • C 180 STATIONWAGON Sports
  • C 200 STATIONWAGON AVANTGARDE
  • C 200 STATIONWAGON Sports
  • C 200 STATIONWAGON Sports(Leather version)
  • C 250 STATIONWAGON Sports

詳細はこちら

※ ヘッドアップディスプレイ生産制約に伴い、ヘッドアップディスプレイが装備されない車両がございます。
  ヘッドアップディスプレイ非装着車は、表示金額より\100,000 (税込)減額となります。
  詳細は、メルセデス・ベンツ正規販売店までお問い合わせください。